50歳からの血糖値対策

50歳からの血糖値対策してみませんか?とは、いっても運動したりするのも大変ですよね!簡単血糖値対策はじめませんか?
MENU

50歳からの血糖値対策!【糖尿病が気になる方へ】

50歳は体の色んな機能が衰え始めている時期でもあり、糖尿病を発症する可能性も高くなってしまうのは、インスリンの分泌量が下がったり感受性の低下により糖に対する反応が鈍ること、運動する機会も減り活動量が低下して脂肪の蓄積が進んでしまうことなどが高血糖になりやすい体を作ってしまいます。

 

50歳からでも筋肉をつけることは可能で、脂肪だけでなく糖もエネルギーとし使われやすくすることで糖尿病になりにくい体にして行くことはできますが、体力がなくなってくると毎日運動を行うのは大変で、いやになって続かなくなったのでは意味がありません。体を動かすことでお腹が減り、余計に食べてしまうことも肥満につながってしまう危険があります。

 

50歳から血糖値の対策を行うときには、今の自分の体の状況から知ることが大切です。血液検査を受けて、空腹時と食後の値を調べ、ヘモグロビンA1cも重要になります。空腹時と食後の血糖値とは違いヘモグロビンA1cは1か月から2か月の平均血糖値を表しているため、運動や食事影響を受けて変化しにくく、判断がしにくい初期の糖尿病などを知ることもできます。異常値だったときには血糖コントロールを行っていくことが大切で、気軽に取り組めるのはサプリメントを利用するやり方です。

 

サプリメントは糖の吸収を抑えるだけではなく、糖をエネルギーとして消費しやすくするタイプも販売されていますから、効果や続けやすさを比較して取り入れると良いです。

更新履歴
このページの先頭へ